柴犬ハナとモモの老犬日記

15歳のモモの日常を17歳で虹の橋へ行ってしまったハナの思い出とともに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あの日のこと

あの日のことは早く書かなくちゃと思いながら
書こうとするとつらくなってしまって
なかなか書けずにいました。
でもハナのためにもみなさまに見ていただきたいと思い
今日は書こうと思います。



あの日の朝も普通の朝でした。
夫の出勤時間が早いのでいつものように
夫がハナのおしっこを出して寝返りをさせてくれました。
その時はパッチリと目を開けていたそうです。
そして私が7時前に起きてハナにおはようの挨拶をしました。
その時ハナは気持ちよさそうに寝ていたので
私はそのままゴミ出しの用意をしにキッチンへ行きました。
しばらくゴソゴソとしていたら
ハナが「う~~~~~~ん」とうなったように聞こえたのです。
「え?ハナ?」と思い慌ててハナのところに行きました。
その時ハナは目をパッチリと開けて口をゆっくりと開いたり閉じたりしていました。
呼吸は荒くなく穏やかでただ口をゆっくりとパクパクと。
今まで見たことのないハナの動作。
「ああ、もう逝くんだ。」そう思いました。
それから呼吸が止まるまでそんなに時間はかからなかったと思います。
その間私は震える手でハナの体をさすり
「ハナ、ありがとうありがとう!」と言い続けました。
それから口の動きが止まり、呼吸も止まりました。

夫は私が起きる前に家を出ていたので
ハナの最期を看取ることはできませんでしたが
ハナは最後に夫におしっこを出してもらい寝返りを打たせてもらい
その時に夫にお別れを言ったんだと思います。
そして最期の時を私に教えてくれました。
もう鳴く事ができなくなったハナが最後の力で唸り
私を呼んでくれたんです。
あの時唸ってなければ私は気付かずに
ハナを一人で逝かせてしまっていました。
そうなっていたら私はどんなに後悔したでしょうか。
ハナは私にそんな思いをさせまいとちゃんと知らせてくれたんです。
最期の最期まで本当に優しい子でした。
愛しい愛しい頑張り屋さんのハナでした。

まさかこんな突然に。。。とその時は思ったんですが
だんだんと食べなくなっていたので
ハナは旅立つ準備をしていたのかもしれません。
旅立つ前の日に缶詰を食べないから薬も飲めないので
先生に往診に来てもらうように病院へ電話をしたんです。
だんだんと食べなくなってきたこと、昏々と眠ってばかりいることなど
今のハナの状態を伝えると、先生は、
もうこのまま自然に逝かせてあげるほうがいいのでは。
点滴をしたとしても2,3日延ばせるだけで
そのために痛い思いをさせるのは可哀想ではないか、と言われたんです。
私も食べなくなった時にもう長くないのではないかと思っていたこと、
いいや、そんなことはないという気持ちの葛藤があったので
先生にはっきりと言われてただ涙が出るだけでした。
最期まで痛く苦しい思いだけはさせたくない。。。
それだけが私の望みだったので先生のおっしゃるとおりにしました。
でもまさか先生とそんな話をした次の日に
旅立ってしまうとは思ってもみませんでしたが。
でもハナは先生と話をすることではっきりと心の準備を
私にさせてくれたのかもしれません。
そして痛い思いをすることなく旅立てました。
夫が次の日休みだということをわかっていたかのように。

その日は近所の方や私の友達、甥っ子姪っ子など
たくさんの方がハナの最期のお別れに来てくれました。
そしてその日は一晩中ハナの側についていました。
だんだんと夜が明けていくあの時間、
今まで感じたこともないような恐怖にも似たような時間でした。

そして葬儀の日。
最初は夫とモモと三人で行くつもりでしたが
母と姉、甥っ子姪っ子も一緒に来てくれました。


DSCN5231_convert_20100604192756.jpg
出発前のハナです。


DSCN5239_convert_20100604192839.jpg
いつものように可愛い顔で眠っているようです。


DSCN5241_convert_20100604192928.jpg
抱っこして車へ。


DSCN5242_convert_20100604192956.jpg
体は硬直していなくて軟らかいままでした。



DSCN5249_convert_20100604193143.jpg
葬儀ではお経も流して下さり、お焼香もさせていただき
きちんとしていただきました。


DSCN5246_convert_20100604193100.jpg
お花をたくさんたくさん置いてあげました。
いっぱいナデナデしました。


DSCN5245_convert_20100604193024.jpg
これがハナの顔を見た最後でした。
涙がとまりませんでした。




ハナのお骨はカルシウムが不足していてスカスカでした。
そんな体でよく頑張ったね。
一つ一つ丁寧に骨壷に入れて行きました。


ちっちゃくなったハナを抱きしめて
ちょっとドライブして帰ろうかと
ハナモモの好きだった大きな公園へ行きました。

DSCN5265_convert_20100604193219.jpg
ハナ、よくここでボールを追いかけて遊んだね。
疲れたらシートに寝転がって4人でお昼寝したね。
1カ月ほど前にここに来ようって言ってたのに
昼間は暑くてまた今度ねって来れなかったんだよね。
あの時来てたらよかったね。
ごめんね、ハナ。


DSCN5270_convert_20100604193244.jpg
今日は来れたよ。




あの日から2週間が過ぎたのに
私の心はあの日のままのような気がします。
今まで最愛犬を亡くされた方々のブログを見てきて
どんなにかおつらいだろうと飼い主さんたちの気持ちもわかっているつもりだったのに
ここまでだとは思いもよらなかったです。
ハナの生前、私はハナの最期をどんな風に看取る事ができるんだろうと
不安になったりもしました。
確かにハナが逝こうとしているその瞬間は体中が震えて
どうにかなってしまいそうでしたが
ハナの最期は穏やかで私の願ったとおりに看取らせてくれました。
17歳のプレゼントまでくれて。

ハナ、よく頑張ったね。
私の愛しい愛しいハナ。
必ずおかあさんのところに生まれ変わってきてね。
ありがとう。



長くなってしまいましたが最後まで読んで下さり
ありがとうございました。




にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2010/06/04(金) 23:05:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
<<ご報告 | ホーム | お帰りなさい>>

コメント

ゆきばあさん。
まだまだお辛いなか、ハナちゃんのことを語ってくださってありがとうございました。
もう、泣けて泣けて…
本当にハナちゃん、穏やかに旅立ったのですね。
ちゃんとおかあさんにそのときを知らせて…
素晴らしい、愛しい子ですね。

ありがとう、ゆきばあさん。
ありがとう、ハナちゃん。
  1. 2010/06/04(金) 23:21:22 |
  2. URL |
  3. milleco #gq9m/OHk
  4. [ 編集 ]

ゆきばあさん つらい中、ハナちゃんのお別れの時を記してくださって
ありがとうございます。
涙、涙で読みました。
本当に安らかな旅立ちだったのですね。
ちゃんと、お別れを言いたくてハナちゃん頑張って声に出してゆきばあさんを呼んだのですね。
本当に親孝行な子です。
最後を家族に看取られて旅立つことのできた子はその子が幸せだった
証しなんだと聞いたことがあります。

ハナちゃんは間違いなく幸せな犬生だったのですね。
本当にいつも眠っていた可愛らしいお顔そのままで安らかだったのが
よくわかります。
まだ二週間、まだ受け止めることができないと
思います。
時が過ぎるにつれ
淋しさが押し寄せると思いますが、
ゆきばあさんには、
愛おしいハナちゃんが
大事な大事なモモちゃんを残してくれました。

もちろんハナちゃんの
悲しみは消えませんが
大切なモモちゃんが
そばにいますよ。

モモちゃんも大好きな
ハナちゃんお母さんを
亡くして淋しいでしょうね。
公園で小さくなった
ハナちゃんに
寄り添うように座っているモモちゃん涙が出ました。
ハナちゃんママパパモモちゃんをそばで見守っていてあげてね。
ハナちゃんの永遠の
幸せを祈ります。
  1. 2010/06/04(金) 23:37:39 |
  2. URL |
  3. 桜ママ #-
  4. [ 編集 ]

ゆきばあさん、辛いのに、まだ全然気持ちに余裕もない中、ハナちゃんの最期を話してくれてありがとうございます。涙で読ませてもらいましたよ。ゆきばあさん、お別れ辛かったね。寂しいね。でもちゃんと最期を看取れて、ハナちゃん力を振り絞って教えてくれて、最後の最後までハナちゃんに感謝だね。なんて親孝行な子なんだろう。ハナちゃんも沢山のありがとうを言って旅立てたんだね。モモちゃん、素敵なお母さんでうらやましいよ。お母さんは立派な犬生を送ったね。モモちゃんもハナ母さんみたいにこれからゆっくり頑張って生きて行こうね。ハナ母さんのお骨を見上げているモモちゃん、お父さんお母さんのことは私が守るからね、って話しかけているようですごく愛らしいよ。本当に優しさ溢れる親子だよね。
ゆきばあさん、またゆっくりゆっくり元気になりましょうね。今は泣きたい時に泣いて下さいね。少しずつモモちゃんのお話も聞かせて下さいね。今日は更新ありがとうございました。
  1. 2010/06/05(土) 00:20:06 |
  2. URL |
  3. 花子 #-
  4. [ 編集 ]

ハナちゃん

涙が 涙が止まりません。
こうして 少しずつ 少しずつ
最期の時を 教えてくれるのですね。

本当に 涙がとまりません。
悲しいです 悲しいですね。

ハナちゃんの最後は
素晴らしい最期でした。立派でした。

ハナちゃんのお母さん
ありがとうございました。

心より ご冥福をお祈りします。
  1. 2010/06/05(土) 00:59:46 |
  2. URL |
  3. ジュン母 #-
  4. [ 編集 ]

ハナちゃん最後はちゃんと知らせてくれたんですね♪
パパがお仕事あるから心配かけないようにお見送りしたのかなぁって思いました。


ブログを通してハナちゃんと知り合えたこととっても嬉しかったです♪
頑張り屋さんで長生きしてくれて十分親孝行してくれたと思います。
本当にお疲れ様でした♪
ハナちゃん♪


息を引き取る瞬間最後のお別れの瞬間あの辛さ今でも忘れられません。
長年一緒に生活してきた家族とお別れする寂しさは想像してたものとは計り知れないですよね…

私はお別れしてあと2ヵ月で1年になるのに思い出すと今でも涙が出そうです。
時間が少しずつ解決してくれるって思ってもなかなか(..)

でも虹の橋で若い頃みたいに楽しく過ごしてるのかな♪って思うととても気持ちが落ち着きます。
ハナちゃんとうちのメイも虹の橋で知り合えてるかな♪



今はまだ気持ちの整理がつかないと思いますが、

お身体には気をつけて下さい。

ハナちゃんとのお別れの記事辛い中書いて頂きありがとうございました♪

  1. 2010/06/05(土) 01:30:30 |
  2. URL |
  3. メイのねぇちゃん #-
  4. [ 編集 ]

ゆきばあさん、お辛い中、ありがとうございました。
もう、涙、涙で読ませていただきました。

ハナちゃん。
本当に最後まで、良い子だったのね。
痛みや苦しみも無く、大好きなゆきばあさんに見守られて、旅立つなんて、親孝行すぎるよー(涙)

きっと、ゆきばあさんは、もっともっとハナちゃんのお世話をしたかっただろうと思います。
でもね、ハナちゃんのすごく穏やかなお顔を見てたら、
ハナちゃんがその時を決めてたのかなぁと思いました。
優しいハナちゃんのことだから、きっと・・・

虹の橋には、たくさんのお友達ワンコがいるからね。心配いらないよ。
自由な体で、ゆきばあさんや、おとうさんや、モモちゃんの所を行ったり来たりしてね。

ありがとう。 ハナちゃん、ずっとずっと、大好きだよ♪

  1. 2010/06/05(土) 02:10:22 |
  2. URL |
  3. ケンタの姉ちゃん #-
  4. [ 編集 ]

ゆきばあさん、まだまだお辛い中
ご報告してくれてありがとうございます。

ハナちゃんが最後までよく頑張って
親孝行の優しい子だったことが
よくわかりました。
ル-キ-を見送った時の事が思い出され
今のゆきばあさんの気持ちが痛いほどわかります。
でもゆきばあさんが「ありがとう」をたくさん
言えて良かった。。。
ハナちゃんのありがとうの挨拶も受け止めることが出来て良かった。。

ゆきばあさん、少しずつ少しずつ元気になって
くださいね。
モモちゃんと一緒に笑顔でハナちゃんのことが
話せますように。。。
  1. 2010/06/05(土) 06:38:15 |
  2. URL |
  3. かるこ #-
  4. [ 編集 ]

ゆきばあさん、まだまだ心の整理がつかないツラい時にハナちゃんの最期の事、書いて下さってありがとうございます。お写真まで〜。ホントに自分で準備をしてたのか、涙涙で読ませていただきました。ハナちゃんが痛みもなく穏やかにゆきばあさんの腕の中で逝った事、それが一番の願いだったと書かれていたのがとても印象に残りました!うまくコメントが出来ませんが、ゆきばあさんのお気持ちを思うと…悲しくて悲しくて。ハナちゃん、とても穏やかな愛らしい表情してます。きっと虹の橋でたくさんのお友達と楽しく元気に走っている事でしょう。そしていつまでもゆきばあさんご家族の事を見守っています。これからもハナちゃんの事だいすきです!ゆきばあさんの事だいすきです!あまり無理をされないようにご自愛ください。
  1. 2010/06/05(土) 16:50:28 |
  2. URL |
  3. ゴン太 #-
  4. [ 編集 ]

お悔やみ申し上げます

偶然通りかかりました

ご冥福を心からお祈りします
ハナちゃん、天国で安らかに
  1. 2010/06/05(土) 21:35:25 |
  2. URL |
  3. Sleeping Beauty #-
  4. [ 編集 ]

ゆきばあさん、まだまだお辛い中、ハナちゃんの
最期の様子をお話頂きありがとうございました。

ハナちゃんは最後の最後まで頑張り屋さんで、
優しい子だったのですね。ゆきばあさんの愛情を
沢山貰って、幸せな犬生だったと思います。

私も昨年、愛犬を亡くしました。辛い時には泣いて
元気な時には、愛犬の楽しかった思い出話をして
過ごしています。そんなことでいつも遠くへ行った
子を傍に感じています。自己満足かもしれまんが・・・。

どうぞ今はご無理をなさらずご自愛くださいませ。
またモモちゃんと一緒に笑顔で話せる日が
来ますように。

  1. 2010/06/05(土) 22:05:31 |
  2. URL |
  3. 黒松の姉 #-
  4. [ 編集 ]

ゆきばあさん、ハナちゃんのおはなしをありがとうございました。

ハナちゃんは、こっそりとお空に行く準備をしていたのですね。
モモちゃんは、きっとそれがわかっていたのです。

ハナちゃんはゆきばあさんのことを思い、今が一番良い時だと思って決心したのですよ。
本当に親孝行なハナちゃん。


モモちゃんは13年間もお母さんと一緒に過ごすことができて、良かったね。
ハナちゃんはとってもステキなお母さんだったね。


ゆきばあさん、どうぞ今はゆっくりお休みになってくださいね。

  1. 2010/06/06(日) 13:23:36 |
  2. URL |
  3. ミルク #-
  4. [ 編集 ]

ゆきばあさん、お辛い中のご報告ありがとうございます。
ハナちゃん、最期が分かっていたんでしょう。
しっかりお父さんとお母さんにお別れとありがとうの挨拶したんですね。
お母さんに後悔させまいと、声を振り絞って呼んで・・・
目をパッチリ開けたのは、お母さんの顔をしっかり見て焼き付けるため、
口を動かしたのは、”ありがとう”と言ったのでしょう。
本当に眠っているようです。
苦しまずに旅立ったのも、見送る側に辛い思いをさせないための様な気がします。
ハナちゃん、本当に頑張りました。
頑張り屋で優しくて親孝行なハナちゃん、ありがとう。

ゆきばあさん、今は悲しい気持ちが強くて
時間が止まってしまったかのようになるのは仕方がありません。
愛情いっぱいにハナちゃんに接したからだこそ、それは強いことでしょう。
でも、ハナちゃんが残していったものは、悲しみだけではありません。
楽しいこと、幸せなこと、たくさんありますよね。
それに、今でもハナちゃんは可愛いクリクリお目目で皆さんのことを
傍で見守ってくれてますから。
笑顔でハナちゃんと接することができますように。
  1. 2010/06/06(日) 16:21:27 |
  2. URL |
  3. ツバサの兄貴 #-
  4. [ 編集 ]

ゆきばあさんおつらい中日記を書いてくださってありがとうございます。
ハナちゃんのさいごをちゃんと、読ませていただきました。
ハナちゃん、本当に良い子で良い子で・・。
さいごまでゆきばあさんのことを思い
お父さん、モモちゃんのことを思って
旅立っていったのですね。

もう自分が長くないと分かったときに
一生懸命考えたのかもしれません。
そして
モモちゃんは分かっていたかも知れませんね。

ハナちゃん。ありがとう。
ゆっくり休んでね。
お空でいっぱい走って、いっぱい食べて
ゆきばあさん達を見守っていてね。

いつかチロがそっちへ行った時
よろしくね。

ゆきばあさんお身体ご自愛くださいね。  
  1. 2010/06/07(月) 12:56:22 |
  2. URL |
  3. まゆ #-
  4. [ 編集 ]

この記事を読ませて頂き
ここにコメントができるまで
時間がかかってしまいました。
ゆきばあさん、お辛いでしょう・・・。

ハナちゃん、親孝行でしたね。
ちゃんとお父さんに「ありがとう」を伝え
お母さんを呼んでお母さんを感じながら
見送られていきたかったんでしょう。
きっとモモちゃんにもちゃんとお話しして
あったんだと思います。

ハナちゃん、偉かったね。
お利口さんだったね。
これからもずっと一緒だもんね。

・・・。
ゆきばあさん、どうぞお身体ご自愛ください。

  1. 2010/06/07(月) 16:46:06 |
  2. URL |
  3. くぅちゃん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hanamomo515.blog93.fc2.com/tb.php/154-8c1d4695
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。