柴犬ハナとモモの老犬日記

15歳のモモの日常を17歳で虹の橋へ行ってしまったハナの思い出とともに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

このごろのモモ

ご無沙汰しておりました。
モモは元気です!といいたいところですが
また老化が一歩進んだようです。
前庭障害を発症してから2カ月弱。
特に寝起きに体が右へと傾くのがずっと続いており、薬もまだ続けています。
でもこの体の傾き(ほんの少しなんですが)が本当に前庭障害なのかあやしくなってきました。
もしかして老化なのかも?と思うように。
右回りにクルクルと回るようになってきたし。
きっかけは前庭障害だったとしてもこれをきっかけに
老化に拍車がかかってしまったとか・・・。
これ以外にも最近は夜中にテーブルと椅子の足にからまって
動けなくなって鳴いていたり、寝たままうんちっちをしてしまって
そのままおしりや足で踏んでうんちまみれになったり^^;
夜中にうんちっちをされると朝にはフミフミ祭りが開催されています(T_T)
昼間にしてくれるとうまくキャッチできるんですけどねぇ。
あっでもおしっこのおもらしはなくなりました。
12時間おきに朝と晩2回外に連れ出すとその時にしてくれます。
でも8時間ぐらいで行くとしてくれないんです。
それはそれで困ったものなんですがね。
その他、ベッドの出入りもスムーズにはいかなくなって
ドタバタしながら出入りしております^^;

一度前庭障害の症状が良くなったので薬をやめたことがあったんです。
中の一つにはステロイドが入っていたのであまり続けたくないと思って
先生にも言うと「では他の薬はやめてビタミン剤だけにしましょう。」と。
でもやめて2,3日するとまた症状がひどくなり薬を再開しました。
先生には今のステロイドの量は続けていても問題のない量だと言われたので
今も飲み続けていますがどうしたものかと考えます。
実は前庭障害は治っていて老化のせいのいろいろな症状だとしたら
このまま薬を続けるのもどうなのかなぁと。
なかなか難しいですね。
病院に行った時に先生に言ってみるも先生もわからない様子で。
前庭障害が治りかけの状態かもしれないし、もう少し様子を見ましょうって。

今は介護まではいかなくても介助が必要になってきました。
これ以上ひどくならずに今の状態でとまってくれればいいのになぁ・・・。



DSCN6596_convert_20111014204720 (2)
こんな恰好で熟睡・・・


DSCN6597_convert_20111014204940 (2)
足痛くないの?


DSCN6598_convert_20111014205031 (2)
顔を見てみると挟まってました^^;


DSCN6603_convert_20111014205152 (2)
足が浮いています。
この格好からしばらく動けず、救助したり・・・。



あっでも可愛い顔も見せてくれましたよ(^^)

DSCN6607_convert_20111014205239 (3)
この顔、ハナに似ていませんか?(*^_^*)






にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2011/10/19(水) 15:30:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。