柴犬ハナとモモの老犬日記

15歳のモモの日常を17歳で虹の橋へ行ってしまったハナの思い出とともに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

四十九日

昨日はモモの四十九日でした。
今日から正式にお空の住人ですね。
四十九日までは屋根の上にいると聞きました。
だから毎日お線香を焚いて迷わずにお空に行くのよと
語りかけてあげるそうです。
でもモモはたくさんのお空のお友達が迎えにきてくれたから
迷わずに行けたと思います。
これからもそばにいてくれるのだと思いますが
四十九日を境に屋根の上からいなくなったと思うと
また二度目の寂しさが襲います。

前回のブログにたくさんのコメントありがとうございました。
自分のことを責めないでとか立派な飼い主だったとか言って下さって
私は自分の気持ちを落ちつけようと
何度も何度も涙しながら読みました。
そんなこと言っていただく資格なんてないのに。
みなさんの温かいお言葉が心に沁みました。
本当にありがとうございました。
またお一人お一人にお返事できなくてごめんなさい。

育児を始めて三カ月。
まだまだ大変ですが最初の頃に比べると訳も分からずやっている
ということもなくなり少しはペースもつかめてきました。
今ならモモを迎えに行けるのに・・・。
いくら言ってももう遅いのに・・・。
ごめんね、モモ。
やっぱりまだまだ後悔と自分を責める毎日です。
みなさんにあんなに温かいお言葉をいただいたのに。
でもみなさんのコメントが今の私の救いになっています。
これからも苦しくなったら読ませていただきます。

モモの思い、優しさを無駄にしないためにも
モモの分まで娘を育てていこうと思います。
ハナとモモのことをいっぱいいっぱい娘に話していきながら。

本当にありがとうございました。

スポンサーサイト
  1. 2012/04/07(土) 13:59:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5

ありがとうございました。

ご報告が遅くなりました。
2月20日朝方、モモが虹の橋に旅立ちました。

病院で亡くなりました。
突然のことでした。

つらく寂しい思いをさせ、最期を看取ってあげられなかった
最低の飼い主です。
迎えに行けなかった。
毎日がつらいです。
でもモモのほうがもっと辛かった。
モモのことを少しでも考えると胸が締め付けられます。
これから一生モモに申し訳ない気持ちと後悔の気持ちを背負っていきます。

モモが家に帰れるようにと願っていて下さったみなさま、ごめんなさい。
前回の記事でもはじめましての方やたくさんの方がモモのために
コメントを下さいました。
お返事もできなくてすみません。



モモは今お家に帰ってきてハナの隣で一緒にいます。
たくさんのお花をありがとうございました。



DSCN6937_convert_20120306094759 (2)



DSCN6935_convert_20120306094921 (2)




最後にお空へ旅立つ前のモモです。
見たくない方はここまででお願いします。

今までモモのことを応援して下さってたみなさま、
本当にありがとうございました。







































DSCN6927_convert_20120306130359 (2)




DSCN6928_convert_20120306130459 (2)


モモが大好きだったベッドで眠っているようです。


心優しいモモ。
お母さんのことを考えて旅立ってしまったの?
それとももう迎えに来てくれないと思って逝ってしまったの?
そんなことあるわけないのに。
必ず迎えに行くって言ってたのに。
でもモモにしたら遅かったのかもね。
待ってたんだよね。
ごめんね、ごめんね。







にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
  1. 2012/03/06(火) 15:03:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:12

急遽

昨日のブログ更新の後に母が急遽入院することになりました。
モモのことでどうするかバタバタしたんですが
かかりつけの病院がペットホテルもしているので
そこにお世話になることになりました。
病院だから安心は安心なんですが、ああいうところは
朝晩の散歩の他はずっと狭いケージに入れられてるんですよね。
それを思うと心が痛くて痛くて。
モモのことを思うと涙が止まらずずっと「ごめんねごめんね。」と
思うばかりです。
モモのことを応援して下さってる方へも申し訳ない気持ちでいます。
今は私がいっぱいいっぱいでモモのこと、どうすることもできません。
せっかく回復した足も迎えに行く頃には歩けなくなっているかもと思うと
いたたまれません。
でも今は迎えに行く自信がありません。
本当にごめんなさい。
母のことは許せません。

取り急ぎ今のモモの状況のご報告でした。

出産のお祝いのコメント本当にありがとうございます。
とても嬉しかったです。
モモのことを思うと、私が今出産をしたことも間違いだったのかと思ってしまいます。





にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
  1. 2012/01/15(日) 15:26:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

無事出産&退院しました。

ご心配下さった方へ出産と退院のご報告を。

1月6日の夕方5時ごろの破水から始まり、
7日の午前2時32分に無事女の子を出産しました。
先生には安産だと言われましたが、
あの激痛、しんどさはもう二度と経験したくありません(T_T)

そして12日に退院してきました。

今は一日中授乳とオムツ替えに追われ、
なかなか寝る時間もないのがつらいですが
やはり我が子は可愛く、この子のためなら頑張ろうと思えます。

そんな時に恐れていた大きな問題が・・・。
母がなぜだか疲れきってしまった様子で
もうモモを看るのが限界だと言ってきました(T_T)
でも私も退院したばかりで今はモモを引き取ることができないし
もう少し頑張ってと言うのですがどうなるのかまだわかりません。
もしかしたら預かってくれるところを探さないといけないかもしれません。
ちょっと今はそのことでパニクッています。

前回のコメントのお返事もできずにごめんなさい。
でもとても嬉しく有り難く読んでいます。

しばらくは更新もままならないかもしれませんが
モモのことはモモにとって良いようになるようになんとかしたいと思っています。






にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
  1. 2012/01/14(土) 16:49:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

モモのいない部屋

3日の日に予定通りモモを実家へ連れて行ってきました。
それはそれは大荷物でした。
フードにサプリにおやつにベッドや毛布、壁に激突しないようにクッションや長座布団、
その他もろもろ、モモの引っ越しですね。
ノートに説明を全て書き、母にも何回も説明をして。
お昼に行ったんですがモモが慣れるまで実家にいたので
(というより私達がモモを置いて帰るのが寂しかったので)
帰ったのは夜遅くでした。
まぁモモも10歳まで暮らしてた家なので少しは覚えているのでしょうか、
落ち着いているようでした。
グルグルするスペースも私の家より全然広いので
そこは実家のほうがいいね~なんて話もしたりして。

私の家を出る前はまるで実家に行くのが分かっているかのように
行きたくないと言ってるようにずっと夫の体にひっついてきたり、
そっぽを向いてすねているように見えたり^^;
(私がそういう風に見えただけなんですけどね)
だから連れて行く前は悲しかったんですが
いざ実家に行くと落ち着いていて私達が帰る時もグーグー寝ていました^^;
それを見て安心して帰れたんですけどね。

でも家に着いて部屋に入るとなんと寂しいことでしょうか。
夫と二人、「モモがいない~、モモがいない~。」と
二日経った今でも言っています。
母からは毎日電話があって、モモの様子を話してくれます。
体調も崩すことなく、快食、快便、快眠みたいです^^;
まだうんち踏み踏み祭りはやってないみたいなので
それをやられた時に母が対処できるか心配なのですが・・・。
まぁでも今のところ(まだ3日ですが)母もモモとの生活を楽しんでいるみたいなので
私も安心しています。
連れて行く前は不安がって夜泣きが始まったらどうしようとか
体調が悪くなって食べなくなったらどうしようとか
いろんなことを考えてしまいましたが。

「モモのことは心配しないで赤ちゃんのことだけ考えていればいい」と言ってくれてます。
また夫の休みの日にはモモに会いに行ってきますね。
その時に実家でのモモの写真を撮ってきますね。
赤ちゃんが産まれたらなかなかモモにも会いに行けないですしね。

母は気分屋で感覚が普通の母親とは違うところがあるので
一旦言い合いをすると話がとんちんかんな方向に言って正論が通じなくなり
必ずケンカ別れになります。
なので母にモモを預かってもらう話の時にはみなさまにご心配をおかけしました。
あの時は本当にどうなるかと思いましたが。
みなさん親身になっていろんな方法を考えて下さって
本当に胸が熱くなりました。
ありがとうございました。
モモは実家で母となんとかやっています。
私も安心できています。
またモモを迎えに行ける日がくるまでモモには今よりも悪くならず
元気でいてほしいと願っています。


DSCN6778_convert_20120105214847 (2)

実家に連れて行く直前のモモ。
起こすのが可哀想だった~(T_T)





にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

  1. 2012/01/05(木) 22:04:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。